ドローンを使用している人は必見!妨害電波を測定して適切な使用を!


最近、ドローンに関する話題を耳にするようになりました。歴史遺産にドローンが到達して物議をかもしだしたニュースも記憶に新しいところです。実際にドローンを使用している人もいるでしょう。さて、ドローンを使用している場合、妨害電波を心配している人も多いものです。今回は、ドローンの妨害電波がどうなっているのかだけでなく適切な対策法などの知識も併せて解説します。ドローンを使用していて妨害電波が心配な人は、ぜひ読んでみてください。

  1. ドローンの電波とは
  2. ドローンの妨害電波について
  3. ドローンの妨害電波の測定器について
  4. ドローンの妨害電波の電磁波測定器を購入するために
  5. ドローンの妨害電波に関するよくある質問

記事を読んだ人は、ドローンの妨害電波について詳しくなるだけではありません。正しい知識が身に付くことで、安心してドローンを使用するための知恵も身に付けることが可能です。ただ受け身のままでいるのはおすすめしません。必要な情報は、自らの手で手に入れましょう。まずは、記事を繰り返し読んでドローンの妨害電波対策で今後何をするべきかを学んでください。

1.ドローンの電波とは

最初に、ドローンの電波とは何かについて学びましょう。ドローンのメカニズムや、電波の基本・妨害電波について詳しく解説します。

1-1.ドローンとは

ドローンは、搭乗員が操作しなくても無人・遠隔操作で飛行できることが特徴です。イメージとしては、ラジコンヘリのようなものを想像してください。また、自立飛行も可能なものもあります。無人飛行機ですからさまざまな用途に使用できる点がメリットです。たとえば、地雷など危険物の探索をしたり放射能汚染地域での様子を観察したりすることが可能となります。ドローンは、使い方しだいで私たちの暮らしにとても有用なものになると言えるでしょう。

1-2.ドローンの電波について

ドローンの電波について詳しく解説します。

1-2-1.無線の決まりについて

無線はさまざまな施設や目的で使用しているため、周波数によって割り当てが決まっています。無線帯域には限りがあるため、割り当てをもらった範囲だけで運用ができるのです。なお、無線機を使用するときは「技適(ぎてき)マーク」のあるものを選びましょう。「技適(ぎてき)マーク」とは、電波法令の技術基準に適合していことを証明するマークとなります。「技適(ぎてき)マーク」が無いものは、妨害電波を発する可能性があり有害です。たとえば、警察や消防などの無線を妨害するような不法電波を発した場合は、5年以下の懲役もしくは250万円以下罰金刑となることもあるので注意しましょう。

1-2-2.電波法について

ドローンの使用には、電波法が関係してきます。そのため、電波法に従って操作をする必要があると覚えておきましょう。さて、ドローンでも国内の正規ルートからの輸入品などは、操作に関しては電波法の規定に照らしても問題無くできるものがほとんどです。ただし、並行輸入品や海外代理店から直接購入したものは規格に注意してください。

1-2-3.今後の動向について

ドローンは、現在のところWi-Fiが使用している周波数を利用することが多いです。Wi-Fiは無線LANの規格であり、スマホやタブレットを始め多くの人が利用しているため、影響が大きいと言えます。そのため、今後はドローンへの規制も高まると予想していいでしょう。ただし、ドローンは使い方によって非常に有益な存在であることは確かです。Wi-Fiとは別の周波数への割り当てなども、可能性としては残るのではないでしょうか。

1-2-4.ドローンの電波への対応は国によって違う?

実は、ドローンの電波への対応は日本と諸外国では異なります。理由としては、ドローンに対する認識が違うからです。たとえば、ほかの国では適法であるものが日本国内では違法となることもあります。世界共通の対応になるとわかりやすいのも事実です。しかし、現実では国ごとに対応が違うことだけは覚えておくといいでしょう。

2.ドローンの妨害電波について

それでは、ドローンの妨害電波について解説します。なぜ、今注目を浴びているのかだけでなく、妨害電波対策としてできることは無いのかなどについても学びましょう。

2-1.ドローンに関する最近の問題

ドローンを操作するには、無線を使うことになります。ドローンの電波が妨害電波となって、さまざまな悪影響を及ぼす可能性も否定できません。また、無許可でドローンを操作して書類送検となる人も増えてきます。使用時の届出を周知するとともに、主な特徴や正しい操作方法について知るべきときが来たのだと言えるでしょう。

2-2.妨害電波対策としてどうすればいい?

さて、ドローンを使用するときの妨害電波が心配なときは、妨害電波の飛んできている方向が確認できる指向性アンテナ付高周波電磁波測定器で確認することをおすすめします。実際に測定することで数値が出なければ安心ですし、基準以上の数値が出たときにも適切な対策がしやすいからです。適切にドローンを使用するためにも、測定器の利用はメリットが大きいと言えます。さらに、妨害電波に関するニュースや情報には常にアンテナを立てておくようにしましょう。

2-3.ドローンの妨害電波に関する注意点

何らかの妨害電波をキャッチしたときは、本当にドローンからのものかきちんと確認してください。まったく別のものからの妨害電波を受信している可能性も否定できません。なお、ドローンの妨害電波は人体に重大な影響を与えるものではありませんから安心してくださいね。

3.ドローンの妨害電波の測定器について

では、ドローンの妨害電波の測定器について学びましょう。測定器の基本や種類・持つことのメリットなどさまざまな点を理解してください。

3-1.測定器とは

測定器は、電磁波電力密度が測定できる電磁波測定器のことです。ドローンの妨害電波の測定には、妨害電波の飛んできている方向が確認できる指向性アンテナ付測定器が必要です。測定器を使うメリットは、飛んできている妨害電波方向と測定結果が数値として把握できること点にあります。漠然と不安を感じている人でも、実際に測定した数値が基準値に達していなければ安心できるからです。また、妨害電波が飛んでいる地域では常に測定できることが重要なポイントとなるため、測定器は必要性が高いものと言えます。

3-2.高周波・電磁波測定器について

高周波や電磁波は、人体に影響を及ぼす可能性があるため、測定器を持つメリットは大きいと言えるでしょう。なお、測定器を高周波や電磁波が発生している方向に向けて測定するものが多いです。ドローンの妨害電波のほかにも高周波や電磁波も気になる人は、測定器の入手を考えてみてください。

3-3.ドローンの妨害電波の測定器に関する注意点

測定器の種類は実に多いです。そのため、自己判断で適当に選ぶとまったく意味をなさないことがあるので注意してください。たとえば、ドローンの妨害電波を測定したい場合は妨害電波の測定に特化したものを選ぶことをおすすめします。ひとりで選ぶと何かとわかりにくい点も多いため、測定器選びは業者によく相談してから決めてください。

エコロガジャパンに相談

 

4.ドローンの妨害電波の電磁波測定器を購入するために

さて、ドローンの妨害電波の測定器を購入するときに必要なポイントを解説します。

4-1.妨害電波の測定器はどこで購入できる?

妨害電波の高周波電磁波測定器は、測定器の販売業者・理化学機器販売業者・ネットショップなどで購入できます。しかし、品揃(ぞろ)えや専門知識の豊富さなどから、測定器の販売業者からの購入がおすすめです。特に初心者には、購入時に的確なアドバイスが必要となります。測定値の正確さなど、品質面では専門業者に勝るものはありませんよ。

エコロガジャパンなどで販売する下記の高周波測定器がドローン運営会社で使用されています。
高周波電磁波測定器 【HF32D】 http://www.emf110.com/goodsList/13.html
高周波電磁波測定器 【HFW35C】 http://www.emf110.com/goodsList/20.html
わからないことがある場合は、エコロガジャパンに問い合わせするのもよいと思います。

4-2.妨害電波の測定器の選び方やポイント

  • 測定したい種類の電波に対応しているか
  • 指向性アンテナ付測定器か
  • ドローン使用している周波数帯(2.45GHzまたは5.6GHz)の電磁波強度が測れるか
  • 測定精度はいいか
  • 価格は妥当な設定か
  • 使用方法がわかりやすいか
  • 保証や修理対応がしっかりしているか

測定器の扱いに慣れていない場合は、初心者向けの機種を選ぶことも大切です。単に高品質なだけでは実用的とは言えません。自分が使いやすいことも重視して、最適なものを選んでください。

4-3.妨害電波の電磁波測定器の金額について

高周波電磁波測定器の価格は、数万円程度から数十万円するものまでさまざまです。しかし、実用性を考えると数万円前後のものは、コスパがいいと言えます。メーカーによっても、また、業者によっても設定価格異なるため、実際に購入するときは業者のアドバイスを受けて決めましょう。価格と機能のバランスがいいものを選ぶことがポイントです。

4-4.妨害電波の測定器の購入方法や相談窓口

妨害電波の測定器は、業者の店頭もしくはインターネットの販売サイトから購入することになります。購入の際にはまず相談をしてみることをおすすめします。相談先は、各業者のお客様相談窓口です。一例として、下記を参考にしてくださいね。

エコロガのカタログ請求・お問い合わせ窓口

4-5.妨害電波の電磁波測定器の購入で知っておくべきそのほかのこと

電磁波測定器の購入は、業者選びも大切なポイントです。優良な業者には以下のような特徴があるので覚えておきましょう。

  • 測定器の取扱品目が多い
  • 測定器分野で評判がいい
  • ドローンなどの妨害電波に関する知識が豊富
  • 目的に合った測定器を選んでくれる
  • 価格設定が良心的である
  • わからないことに対して親切に説明してくれる
  • 無理やり購入を勧めず客の判断を優先してくれる

なお、実際に購入するときには以下も検討してくださいね。

高周波 電磁波測定器​

5.ドローンの妨害電波に関するよくある質問

最後に、ドローンの妨害電波に関するよくある質問にお答えします。今まで学んだ知識の総まとめとしても活用してください。

5-1.子どものラジコンヘリもドローンの種類なのですか?

「遠隔操作が可能な小型飛行物体」という点では、ラジコンヘリもドローンも共通しています。しかし、ドローンはGPSを利用して自立飛行が可能です。そのため、ラジコンヘリがドローンの代わりにはなりません。子どものラジコンヘリは、あくまでも近場での操縦を楽しむ目的で作ってあるので安心してください。

5-2.測定器もドローンの妨害電波用に特化したものを選ぶべき?

はい、ドローンの妨害電波や高周波電磁波の測定が可能であることを確認してから購入してください。業者に相談するときには、ドローンの妨害電波を測定したいことを必ず告げましょう。測定器によっては、対応していないこともあります。せっかく購入しても無駄になるだけなので注意しましょう。

5-3.体調が悪いのはドローンからの妨害電波が影響なのでは?

ドローンの妨害電波と体調不良との関係は、証明できていません。従って、ほかの理由で体調不良になっている可能性を考えてみてください。なお、不安に思うあまりに心身に悪影響を及ぼすことはあります。測定器で妨害電波の測定をし、数値が異常でないことを確かめることが体調不良を解消するカギとなるはずです。

5-4.ドローンの妨害電波を防ぐ方法は無いのですか?

ドローンの妨害電波を防ぐ手立ては、現時点では存在しません。たとえば、ドローンを使わないように要請するだけとなるでしょう。なお、ドローンは、Wi-Fiと同じ周波数を使用していることが多いです。そのため、妨害電波が入るとスマホやタブレットなどに通信障害が発生する可能性はありますので覚えておきましょう。

5-5.ドローンの妨害電波の測定器は中古品でも大丈夫ですか?

測定器は、新品で購入するほかにも中古品を入手することも可能です。しかし、新品であっても中古品であっても、動作に問題が無いことを確認してください。中古であっても、動作に問題が無く測定結果の精度が良好なものならば問題はありません。ただし、中古品の見極めは素人には困難です。初心者は、信頼できる業者からできるだけ新品の状態で購入することをおすすめします。

まとめ

最近登場したドローンは、正しく利用する場合は私たちにメリットをもたらしてくれる存在です。しかし、現時点では妨害電波を発している可能性も否定できません。ドローンからの妨害電波が心配な人は、自分で測定してみることをおすすめします。測定の結果、異常な数値が出た場合は、証拠として有利になることは明らかです。そのためにも、まずは測定器の利用を考えてみてください。測定器は、皆さんが思っているより簡単に使うことができます。ドローンの妨害電波を測定するために適したものもありますから業者に相談してみてくださいね。


“2分でわかる電磁波チェック”

◎会社概要
エコロガジャパン株式会社
〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-9 スピカ 202
TEL:03-3467-0178 (9:30~17:30 土日・祝日を除く)
FAX:03-3467-0189

◎お支払い方法について
ご利用いただける決済方法は以下のとおりです。
「銀行振込」
「代金引換」
「郵便振替:ゆうちょ銀行振込」

「クレジット決済」
MASTER・VISA・JCB・American Expressの4ブランドに対応しています。

クレジットカード

【注意】一度、クレジットカードで決済完了後のキャンセルは、お受けできません。くれぐれもご注意お願いします。

◎配送について
宅配便にて配送します。配送業者:ヤマト運輸株式会社

◎送料・手数料について
※送料及び送料手数料は、銀行振り込み先払い、及びゆうちょ銀行先払いのほうが代引き/クレジットカード支払いより割安です。


●代引きの場合またはクレジット カードでのお支払いの場合(税込)
10,799円までの発注ごとに、1,404円 (送料1,080円+手数料324円)
10,800円~32,399円の発注ごとに、1,728円 (送料1,296円+手数料432円)
32,400円~107,999円の発注ごとに、1,944円(送料1,296円+手数料648円)
108,000円~300,000円までの発注ごとに、2,376円(送料1,296円+手数料1,080円)
※消費税込みの合計金額が30万円以上の場合は、代引きでのお支払いはお受けできません。
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:216円~432円上乗せされます。ご注意ください。

●銀行振り込み先払いの場合(税込)
32,399円までの発注ごとに 1,080円
32,400円から107,999円までの発注ごとに 648円
108,000円からの発注は、無料
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:0~216円上乗せされます。ご注意ください。

●郵便振替:ゆうちょ銀行先払いの場合(税込)
32,399円までの発注ごとに 1,080円
32,400円から107,999円までの発注ごとに 648円
108,000円からの発注は、無料
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:0~216円上乗せされます。ご注意ください。

この中には送料及び手数料か含まれています。お届けの地域は、日本国内のみとさせていただきます。
お支払いは、代金引換(代引き)、クレジットカード払い、銀行振り込み前払い、または郵便振替前払いにてお願いいたします。(ただし、消費税込みの合計金額が30万円以上の場合は、代引きでのお支払いの場合は、代金引換ゆうパックとなります)

※在庫切れの場合は、お電話もしくはメールにてご連絡いたします。

◎返品について
返品は、不良品を除き不可とさせていただきます。
電磁波測定器、電磁波シールドウェア/裁断を必要とするシールド生地、携帯電話用ヘッドセット及び弊社販売全ての商品は、いかなる事情(不良品を除く)の場合でも返品はお受けできません。ご注意お願い申し上げます。
受取時に破損があった場合、開封後直ちに(または商品到着日から10日以内に)ごお電話・メールにてご連絡を受けております。代替品の発送など、ご相談させていただきます。万が一、同一代替品不可の場合は返金いたします。
破損、不良品などの返品際の送料は、弊社が負担いたします。
【注意】商品到着日から10日を経過した場合は、破損や不良品などその他の理由による返品はお受けできません。ご注意お願いします

【保証に関して】
保証期間内において不具合などが発生した場合、通常使用においてのみ(消耗品除く、通常使用以外の場合除く)無料にて修理をいたします。修理不可の場合のみ、同一代替品にて対応いたします。代替品不可の場合のみ、返金いたします。

◎プライバシーについて
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

 
電磁波測定器 電磁波シールド材・シールド生地 電磁波シールドカーテン・テント・寝袋・シーツ 電磁波シールドウェア
アーシング、知っていますか?