家電や電子レンジの電磁波対策ならお任せ! グッズ活用で賢く防ごう!


電子レンジなどの家電から電磁波が出ていることは知っていても、どんな対策をすればいいのかよくわからない人もいるでしょう。そこで、今回は、家電の電磁波を効果的に防ぐ方法を解説します。電磁波の影響は、知らないうちに私たちの心身に及んでいるものです。グッズの活用なども含め、しっかり対策をして安心・安全な暮らしを手に入れましょう。

  1. 電磁波の基礎知識
  2. 電磁波の問題点を学ぼう
  3. 家電から出る電磁波について
  4. 家電の電磁波の対策をしよう
  5. 家電の電磁波対策グッズの購入について
  6. 家電の電磁波対策でよくある質問

この記事を読むことで、電磁波の危険性を理解し、効果的な対策をすることができるようになります。特に、妊娠中や子どもがいる人にとっては、電磁波対策は気に掛かるところでしょう。しかし、必要なことをしっかり学んで正しく防御することができれば問題ありません。まずは、記事を読んで電磁波対策のポイントを頭に入れてください。

1.電磁波の基礎知識

最初に、電磁波の基礎知識を学びましょう。メカニズムを正しく理解することで、効果的に防ぐことができます。

1-1.電磁波とは

電磁波とは、電気と磁気の両方の性質をもつ波のことです。この性質を利用することで、通信分野や医療分野に応用しています。電磁波は、空間の電場と磁場の変化によって作られ、家電からも多く出ているものです。なお、波長の長さによって光・電波・X線・ガンマ線などに分類できます。

1-2.電磁波のメカニズム

交流電流が流れるとき、電流値の影響で磁界が変化し、変化した磁界によって電界が発生します。このように、交流電流が流れるときには磁界と電界の連鎖が作り出されるため、電磁波が発生するのです。なお、直流電流が流れるだけでは、電磁波は発生しません。

2.電磁波の問題点を学ぼう

電磁波には、さまざまな問題点があるのも事実です。危険性や影響について具体的に学びましょう。

2-1.電磁波の危険性

電磁波の危険性が声高に言われています。確かに、影響があることは否定できません。しかし、ただちに人命にかかわる危険性があることは証明できていないのです。現時点では、電磁波の影響を防ぐための対策をしておくことが最善と考えてください。

2-2.電磁波が人体に与える影響や病気について

電磁波は、知らず知らずのうちに人体に影響を与えているものです。

  • 頭痛・吐き気・めまいの原因になる
  • 精神的にイライラする
  • 発がん性が高まるとの研究例もある

上記のうち、発がん性にかんしてはまだ研究の段階であり、確実なものではありません。しかし、高圧線の近くなど強い電磁波の影響を受けた場合は、不安を拭うことができないのも事実でしょう。

2-3.電磁波の問題にかんする最近の傾向

電磁波の影響にかんして、世界各国でも注目が高まっています。たとえば、スイスやアメリカでは、住宅や学校の近辺にかんして一定量以上の電磁波を規制しているのです。日本では、現時点で特に規制はありません。しかし、電磁波の影響を防ぐため、今後は何かしらの対策が取られる可能性は高いと言えます。

3.家電から出る電磁波について

家電からも電磁波が出ています。どのくらいの電磁波が出ているのか、また、どんな影響があるのか解説しましょう。

3-1.家電について

まずは、自宅にどのくらいの家電があるか見直してみてください。想像以上に多くの家電が存在しているはずです。

  • エアコン
  • 電子レンジ
  • 電気こたつ
  • 電気カーペット
  • テレビ
  • パソコン
  • ヘアドライヤー
  • 掃除機
  • 電気シェーバー
  • 冷蔵庫

家電の中でも、電気カーペットなど直接触れて使うものや長時間使うものは電磁波を発し続けることになります。また、電子レンジなど離れて使うものであっても強い電磁波を発するものがあるので注意しましょう。

3-2.家電の電磁波はどのくらい?

主な家電の電磁波については、下記を参考にしてください。

  • エアコン:20mG
  • 電子レンジ:200mG
  • 電気こたつ:100mG
  • 電気カーペット:30mG
  • テレビ:20mG
  • パソコン:100mG
  • ヘアドライヤー:70mG
  • 掃除機    200mG
  • 電気シェーバー:100mG
  • 冷蔵庫:20mG

電磁波が強いものは、特に注意が必要です。

3-3.家電の電磁波の影響は?

家電の電磁波は、私たちの心身にあらゆる影響を与えます。特に、強い電磁波を発するものはできるだけ短時間の利用にする・近づかない・シールド材や対策グッズを利用する、などで対策しましょう。特に、子どもや妊婦は電磁波の影響を敏感に受けやすいので気を付けてください。

3-4.家電の電磁波にかんする注意点

家電の電磁波は、製品や仕様によって同じ種類でも大きく数値が異なります。家電を選ぶときには、電磁波の強さも考えて選びましょう。家電の電磁波情報は、メーカーのホームページなど、インターネットで公開されていることがあります。

4.家電の電磁波の対策をしよう

家にある家電の電磁波対策をしましょう。どんな対策が効果的かをはじめ、電磁波防止グッズの紹介や使用するときの注意点などを解説します。

4-1.すぐにできる電磁波対策

電磁波対策としてすぐにできるものとしては、電磁波を発するものを使わない・遠ざけることです。また、使わない家電は電源を切ることで電磁波の発生を防ぐことができます。実際には、家電を一切使わない生活はありえません。しかし、できる範囲で使わない・遠ざけることを意識するだけでも違います。

4-2.家電の電磁波を測定しよう

効果的に対策するためにも、家電の電磁波を測定してみましょう。市販の電磁波測定器を使うことで、実際にどのくらいの電磁波が出ているのかわかります。エコロガジャパンが販売する低周波交流電磁波測定器などの測定器を購入して、測定してみましょう。また、自宅でどれだけの電磁波が出ているか、「電磁波レイアウト図」を作ると対策を進めるのに効果的です。家の間取り図を作り、どんな家電がどこにあるのか記入してください。すると、どこを対策するべきかわかるでしょう。

4-2-1.測定方法

電磁波の測定方法は、至って簡単です。スイッチを入れた状態で、測定したいものに電磁波測定器を向けてみてください。すると、数値が表示されます。思ったよりも電磁波が出ているときは、すぐに対策してください。また、すでに対策している場合でも、強化する必要があります。ただし、家電と電磁波測定器の距離によっても数値が変化するため、距離を決めてから測定してください。

4-2-2.電磁波測定器について

電磁波測定器は、購入するほかにレンタルサービスでも利用できます。普段からこまめに測定したいときは購入を、利用回数が数回程度のときはレンタルを考えましょう。

4-3.家電の電磁波を防ぐ方法

家電の電磁波を防ぐ方法として、グッズやシールド材の活用をおすすめします。

4-3-1.電磁波防止グッズを紹介

電磁波防止グッズには、主に以下のようなものがあります。

このほかにも、多数のグッズがあります。いろいろと導入を検討してみましょう。購入する前に、どの商品が有効かなど、不明な点がある場合は、エコロガジャパンに連絡をするのも一つの方法です。

4-3-2.シールド材を活用しよう

また、、家電などからの低周波電磁波対策には 電磁波防止効果のあるシールド材を利用すれば広い面積で対策することも可能です。シールド材を貼ることで、壁や天井・床などから電磁波室内に入り込むのを防ぐことができます。また、コード類をシールドすることも可能です。シールド材は、活用の仕方によってさまざまに使いやすく、重宝します。

4-4.家電の電磁波対策の効果について

家電の電磁波対策の効果は、目に見えるものではありません。そのため、対策をしてもすぐにはピンとこないものです。しかし、きちんと対策をしていれば確実に電磁波の影響を軽減できています。また、対策をしたことで精神的に安心できるのも大きな効果と言えるでしょう。

4-5.家電の電磁波対策を行うときの注意点

家電の電磁波対策をすべて完璧に行おうとするのではなく、電磁波の影響が大きいものを優先することをおすすめします。また、家電そのものだけでなく、エプロンやウェアを活用すればより安心です。できる範囲で無理なく対策を進めましょう。また、できるだけこまめに使わない家電のコンセントを抜いてください。電磁波対策になるだけでなく、電気代の節約にもなりますよ。

5.家電の電磁波対策グッズの購入について

家電の電磁波グッズについて、詳しく解説します。購入場所や料金・注意点など、ひとつずつ見ていきましょう。

5-1.電磁波対策グッズはどこで購入できる?

電磁波対策グッズは、以下のところで入手できますが、電磁波は目に見えないもので、どの電磁波を低減するかにより正しい対策は理解が必要です。

  • 家電量販店の電磁波対策コーナー
  • ホームセンター
  • 100円ショップ
  • 災害グッズ販売店
  • 電磁波対策グッズ専門店

電磁波対策グッズは、専門店で購入することをおすすめします。当社エコロガでも多数の電磁波グッズを扱っていますからぜひ参考にしてください。

5-2.電磁波対策グッズの料金について

電磁波対策グッズの価格は、性能によって大きく異なります。一般的に、性能が高いものは高価になるものです。しかし、電磁波を遮断するという目的を考えると性能が高いものを選ぶべきでしょう。最近では100円ショップで電磁波対策グッズを見掛けることもあります。しかし、価格が安いだけで性能に不安が残るものも多いものです。価格の安さだけで選ぶと、本来の目的を果たすことができないので注意してください。

5-3.電磁波対策グッズの相談窓口

電磁波対策グッズの相談窓口については、下記を参考にしてください。

東京暮らしWEB電磁波関係相談窓口一覧

また、電磁波対策グッズの購入にかんする相談は、こちらもご覧ください。

電磁波対策のエコロガジャパン

5-4.電磁波対策グッズの購入にかんする注意点

電磁波の影響を大げさに語り過ぎる業者には注意しましょう。多くの場合、電話勧誘などで「すぐに電磁波対策をしないと危険だ」などと言ってきます。悪徳な業者が、不安を煽(あお)る方法でグッズを売り付けたいだけなのです。電磁波は適切な対策が必要なことは確かであっても、強要することではありません。電磁波対策グッズは、信頼できる業者から個購入しましょう。

6.家電の電磁波対策でよくある質問

最後に、家電の電磁波対策でよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、不安を無くしておきましょう。

6-1.電磁波対策グッズの効果は永久に持続しますか?

残念ながら、どんなに性能の高い電磁波対策グッズでも永久とは言えません。グッズが破損したり、経年変化で材質が変化したりすれば、効果は落ちるものだと考えてください。また、続々と新製品が出てくるものです。新製品は、旧製品より高性能なものも多いため、適度に買い替えをすることをおすすめします。

6-2.電磁波対策グッズを使用しても完全には防ぐことができないのですか?

電磁波対策グッズでも、100%の電磁波を防ぐものではありません。しかし、グッズを使用することで確実に電磁波の悪影響を防ぐことは可能です。究極の方法は、家電を一切使わないことになりますが実質不可能と言えます。いずれにしても、自分ができる範囲で対策をしたら、ひとまず安心してください。

6-3.電磁波は使っていない家電からも発生するのですか?

電磁波は、使用中の家電から発生します。そのため、使っていない状態では発生しません。ただし、コンセントを抜いていない状態では家電が常にスタンバイしている状態です。このとき、電磁波の電界(場)が常に発生しています。そのため、家電を使わないときは、コンセントから抜いておきましょう。

6-4.電磁波対策グッズは洗濯できますか?

電磁波対策グッズの中でも、エプロンやウェア・カーテンには洗濯可能なものが多くあります。まずは、製品表示を確認してください。汚れがひどくなったら、製品取り扱い書を確認して洗濯しましょう。指定方法以外のやり方で洗濯すると、効果が落ちてしまうので気を付けてください。

6-5.家電の電磁波対策以外にもきちんと対策するべきでしょうか?

たとえば、高圧電線の近くに住んでいる場合など、高圧電線からの電磁波(磁場)の影響があります。外部からの電磁波は家のあらゆる方向から入り込んでくるため、現時点では完全に対策することは難しいものです。

まとめ

電子レンジなどの家電からは、目に見えない電磁波が飛び交っているものです。目に見えないために、実際にどんな影響があるのかよくわからなかったことでしょう。しかし、今回学んだことでリスクを理解できたはずです。まずは、できるところから電磁波対策を始めましょう。実際の電磁波対策には、市販のグッズを活用すると簡単です。目的によってグッズを使い分けて、賢く対策しましょう。


“2分でわかる電磁波チェック”

◎会社概要
エコロガジャパン株式会社
〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-9 スピカ 202
TEL:03-3467-0178 (9:30~17:30 土日・祝日を除く)
FAX:03-3467-0189

◎お支払い方法について
ご利用いただける決済方法は以下のとおりです。
「銀行振込」
「代金引換」
「郵便振替:ゆうちょ銀行振込」

「クレジット決済」
MASTER・VISA・JCB・American Expressの4ブランドに対応しています。

クレジットカード

【注意】一度、クレジットカードで決済完了後のキャンセルは、お受けできません。くれぐれもご注意お願いします。

◎配送について
宅配便にて配送します。配送業者:ヤマト運輸株式会社

◎送料・手数料について
※送料及び送料手数料は、銀行振り込み先払い、及びゆうちょ銀行先払いのほうが代引き/クレジットカード支払いより割安です。


●代引きの場合またはクレジット カードでのお支払いの場合(税込)
10,799円までの発注ごとに、1,404円 (送料1,080円+手数料324円)
10,800円~32,399円の発注ごとに、1,728円 (送料1,296円+手数料432円)
32,400円~107,999円の発注ごとに、1,944円(送料1,296円+手数料648円)
108,000円~300,000円までの発注ごとに、2,376円(送料1,296円+手数料1,080円)
※消費税込みの合計金額が30万円以上の場合は、代引きでのお支払いはお受けできません。
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:216円~432円上乗せされます。ご注意ください。

●銀行振り込み先払いの場合(税込)
32,399円までの発注ごとに 1,080円
32,400円から107,999円までの発注ごとに 648円
108,000円からの発注は、無料
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:0~216円上乗せされます。ご注意ください。

●郵便振替:ゆうちょ銀行先払いの場合(税込)
32,399円までの発注ごとに 1,080円
32,400円から107,999円までの発注ごとに 648円
108,000円からの発注は、無料
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:0~216円上乗せされます。ご注意ください。

この中には送料及び手数料か含まれています。お届けの地域は、日本国内のみとさせていただきます。
お支払いは、代金引換(代引き)、クレジットカード払い、銀行振り込み前払い、または郵便振替前払いにてお願いいたします。(ただし、消費税込みの合計金額が30万円以上の場合は、代引きでのお支払いの場合は、代金引換ゆうパックとなります)

※在庫切れの場合は、お電話もしくはメールにてご連絡いたします。

◎返品について
返品は、不良品を除き不可とさせていただきます。
電磁波測定器、電磁波シールドウェア/裁断を必要とするシールド生地、携帯電話用ヘッドセット及び弊社販売全ての商品は、いかなる事情(不良品を除く)の場合でも返品はお受けできません。ご注意お願い申し上げます。
受取時に破損があった場合、開封後直ちに(または商品到着日から10日以内に)ごお電話・メールにてご連絡を受けております。代替品の発送など、ご相談させていただきます。万が一、同一代替品不可の場合は返金いたします。
破損、不良品などの返品際の送料は、弊社が負担いたします。
【注意】商品到着日から10日を経過した場合は、破損や不良品などその他の理由による返品はお受けできません。ご注意お願いします

【保証に関して】
保証期間内において不具合などが発生した場合、通常使用においてのみ(消耗品除く、通常使用以外の場合除く)無料にて修理をいたします。修理不可の場合のみ、同一代替品にて対応いたします。代替品不可の場合のみ、返金いたします。

◎プライバシーについて
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

 
電磁波測定器 電磁波シールド材・シールド生地 電磁波シールドカーテン・テント・寝袋・シーツ 電磁波シールドウェア
アーシング、知っていますか?