アーシング、知っていますか?

疲れが取れない、体調がいまいち、眠れない、手足がしびれるなど・・・もしかして身体に溜まっている静電気かもしれません。

疲れが取れない、体調がいまいち、眠れない、手足がしびれるなど・・・
もしかして身体に溜まっている静電気かもしれません。

現代人は、スマホをはじめ、タブレットやパソコン、様々な電化製品と有害電磁波に囲まれているために、身体に余分な電気(静電気)を溜めやすくなっています。
どんどん静電気がたまるような環境で生活しています。
身体の余分な電気(帯電)が身体に影響を及ぼし、ストレスや疲労の原因であり、病気の元でもあると懸念されています。体内の帯電が影響を及ぼしているようです。
活性酸素増加、高血圧、血液の粘度上昇、免疫力低下などいろいろな身体の不調がでてきます。

では、どうすればいいですか?

アーシング(Earthing)をすることです。

アーシング(Earthing)をすることです。

アーシングは、欧米でポピュラーな健康法の1つです。
毎日、地面に30分ぐらい、素足で立つ(歩く)ことで、身体に蓄積した静電気を大地に放出すること、そして地面を通してマイナス電子エネルギーを受けて身体に溜まっているプラス電子を中和(帳消し)することができます。

でも、毎日は大変。適当な地面も無い・・・

都会で忙しい生活を送っている方にとって、毎日30分続けることはとても難しいことです。
また、周りはアスファルトやコンクリート、適当な地面が無いという方も多いかと思います。
結果、アーシングが良いことが分かっても、毎日続けることは難しいということになりがちです。

アーシンググッズで、手軽なアーシング、
始めてみませんか?

アーシンググッズを使うことで、毎日手軽にアーシングを行うことができます。また、適当な地面が無くても室内で無理なくアーシングを続けることが出来ます。
アーシングシーツやアーシングマットなどで毎日、定期的にアーシング対策をして、身体に蓄積した静電気を大地に放出し、地面から大地のエネルギーを取り入れることが大事です。

エコロガジャパンおすすめアーシンググッズの特長
エコロガジャパンがおすすめするアーシンググッズは、安心していつでもどこでも使用できます。

利用方法は簡単!,アーシングに適した材料,末永く使用できます,肌に触れても金属アレルギーなどをおこしにくい素材を使用,持ち運びが簡単,どこでも使用できます

よくあるご質問

アーシングシーツにアースを接続することで、感電しませんか?
アーシングシーツでは感電しません。アースケーブルは-極(ゼロV)またはアース端子(ゼロV)に接続しているので、電流は流れません。
アースがきちんと取れているか、どうやってわかりますか?
きちんと適切に設置してあるアース棒とアースケーブルをつなげることでアースは取れます。心配な方は、最寄りの電気工事店でアースが取れているか確認をして下さい。
毎日どのくらいアーシングマットを使用すれば効果的なのか?
30分でもやれるだけ、毎日行ってください。やりすぎて悪い影響は全くありません。毎日やることが大切です。
アーシングシーツやアーシングマットを使用する時に、靴下やパジャマなど着ていても効果はありますか?
アーシングシーツなどの全てのアーシンググッズは身体の一部(素手、素足など)が触れる必要があります。身体の一部がアーシンググッズに接続していれば、靴下やパジャマなどの衣類を着ていてもアーシング効果はあり、問題ありません。
二口コンセントからのOAタップや延長コードからアーシンググッズのアース接続できますか?
アースの接続できます。アースエイドコンセントチェッカー(検電器)を使用して、二口コンセントと同じように-極の穴を確認して、アースケーブルを-極穴に接続して下さい。

コラム アーシングにこんな効果も・・

アーシングすることで、健康な細胞組織に侵入してくるフリーラジカル(活性酸素)を電気作用で中和できると考えられています。
これは地面の電子はマイナスであり、フリーラジカルはプラス電子であるので、お互いを相殺するからである。結果的に赤血球が増え、血流が良くなると考えられます。
さらに詳しくは、アーシング上級編をご覧ください。