電気毛布から出る電磁波の影響~正しい使い方と電磁波対策について~


電気毛布は、寒い季節に大活躍するアイテムです。冷たい布団でも電気毛布を使えば暖かくなるので、快適な眠りを得ることができるでしょう。しかし、電気毛布からは電磁波が出ています。電磁波は人体に悪影響を及ぼすといわれていますが、一体どのくらいの電磁波が出ているのでしょうか。そこで、本記事では、電気毛布の電磁波について説明します。

  1. 電気毛布から電磁波は出ている?
  2. どのような影響が考えられるのか?
  3. 電気毛布を使う際に気をつけること
  4. 電気毛布と電磁波に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気毛布から出る電磁波の影響が分かります。気になっている方は、ぜひチェックしてください。

1.電気毛布から電磁波は出ている?

まずは、電気毛布から電磁波が本当に出ているのか、詳しくチェックしておきましょう。

1-1.電気毛布とは?

電気によって加温できる毛布のことを「電気毛布」といいます。冷たい布団や体を温めることができる暖房器具の1種です。ほとんどの電気毛布は、内部に電熱線が埋めこまれており、この部分に電気を流し発生する熱を加温に利用しています。
家庭でも丸洗いができるタイプや、抗菌・防臭加工を施したものなどさまざまな種類が販売されている人気製品です。

1-2.電磁波って何?

電界と磁界を合わせたものを「電磁波」といいます。電界は電圧がかかっているもの、磁界は電気が流れているもののまわりに発生するのです。つまり、電気を使用するもののまわりには必ず電磁波が発生しています。電磁波は周波数の最も低いものを「電波」、中間のものを「光」、最も高いものが「放射線」と、周波数別にさまざまな種類があるのです。また、1秒間にくり返す波が多いものを「高周波」、少ないものを「低周波」と分けることができます。高周波の代表といえば携帯電話の電波、低周波は家電製品から発生する電波です。電気毛布は、低周波に含まれます。

1-3.電気毛布から電磁波は本当に出るのか?

電気毛布は電気を使う暖房器具なので、電磁波が出ているのは本当です。電磁波は、送電線などの電力設備だけでなく、家電製品の周囲など電流の流れるところに発生します。電界(電場)+磁界(磁場)=電磁界(電磁波)です。電波が強いと自律神経・皮膚などに悪影響を与え、磁場が強いと遺伝子の損傷・発がんの可能性があるといわれています。直接、目で見えるものではありませんが、電磁波測定器などを使えば数値として測定が可能です。

1-4.ほかの電化製品との比較について

電気毛布の電磁波の量は、およそ160~200mGです。この数値がどれだけ大きいものなのか、電気毛布以外の電化製品から発生する電磁波もチェックしておきましょう。一般的な家電製品からの電磁波発生量を、以下にピックアップしてみました。

  • ホットカーペット:30mG(ミリガウス)
  • ヘアドライヤー:70mG
  • 電気こたつ:100mG
  • 電子レンジ:200mG

電気毛布の電磁波発生量は電子レンジよりも発生量は少なめですが、直接肌に触れるので、長時間の使用は電磁波を浴び続けている状態です。強力な電磁波が長時間、しかも安眠時全身にかかることが非常に危険といわれています。よって、電気毛布は家庭内の家電製品の中で、最も危険な製品といえるでしょう。電気毛布以外にも、電気敷(し)き毛布・電気こたつ・電気カーペット・パソコンは注意が必要です。

2.どのような影響が考えられるのか?

現在も電磁波のさまざまな研究が行われていますが、人体に悪影響をおよぼすのかハッキリと分かっていません。しかし、総務省のホームページでは、これまでの研究から「安全のための基準」を掲載しています。では、一体どのような影響が考えられるのでしょうか。あくまで可能性の範囲となるため、参考としてチェックしてください。

2-1.体に痛みを感じる「刺激作用」

寒い時期、ドアに手が振れたとき「静電気」でピリッとした痛みを感じることがあるでしょう。これは、電波が当たっている金属に触れることで、人体に電流が流れるからです。電波の影響によって、体内で誘導電流を生じる場合もあり、電流が強いとビリビリ・チクチクとした痛みを感じます。この現象は電波の「刺激作用」です。電波の周波数が低い場合に刺激が感じやすくなるため、周波数が高くなるほど影響が薄まるでしょう。

2-2.体温が上昇する「熱作用」

電波が人体に当たったときは、一部反射されますが、一部は人体に吸収されます。吸収された電波のエネルギーが熱となり、人体の体温を上昇させるのです。これを「熱作用」といいます。ある動物実験によると、吸収される電波のエネルギーが強く、深部体温が約1℃以上、長時間上昇する場合は、生体に悪影響を与えることが分かりました。
ただし、深部体温が1℃以上も上昇するのは、全身に1kgあたり約4W(ワット)もの電波エネルギーを吸収する必要があります。一般の日常生活において、同じ大きな電波エネルギーを吸収することはほとんどないため、熱作用における人体への悪影響については心配しないでよいでしょう。

2-3.謎が多い「非熱作用」

電磁波の影響について主に懸念されているのは、「刺激作用」と「熱作用」です。しかし、これら2つの作用以外に「非熱作用」もあるという意見があります。非熱作用とは、電磁波によって遺伝子が損傷したり、白血病・脳腫瘍などのがん細胞ができたり、頭痛がしたりするなどです。世界保健機構(WHO)の研究結果においても、電磁波の強い場所で生活していた子どもは白血病になるリスクが高いことが分かっていますが、ハッキリとした影響は見つかっていません。そのため、絶対に電磁波が悪影響をおよぼすとは断言できないのです。

2-4.電磁波への不安からくる「ストレス」

電磁波による影響は、電磁波そのものが悪影響をおよぼすだけではありません。たとえば、電磁波からくる人体への悪影響を考えすぎて、それが精神的なストレスになっているケースがあります。不安な気持ちを抱き、電磁波に対する反応が過剰すぎると、それが悪影響になることもあるのです。そのため、電磁波対策をすることは大切ですが、過敏になりすぎないように注意しなければなりません。

3.電気毛布を使う際に気をつけること

電磁波の影響が不安な方は、使い方を改めることで対策ができます。ここでは、電気毛布を使用する際の注意点を紹介していきましょう。

3-1.布団に入る前に温めておく

就寝時間の30分前にスイッチを入れて、布団に入る前に温めておくとよいでしょう。そして、電気毛布のスイッチを切ってから布団に入ってください。事前に温めておけば、電気が流れていないので電磁波の影響も心配ありません。また、電磁波の影響だけでなく、低温やけどやつけっぱなしも防ぐことができます。

3-2.タイマー機能を活用する

事前に、布団を温めても冷たくて眠れないという方は、タイマー機能つきの電気毛布がおすすめです。電気毛布の中には、タイマー機能がついているタイプもあり、1~2時間後に自動的に電源を切ることができます。タイマーを設定しておけば、長時間電磁波の影響を受ける心配もありません。また、電気のつけっぱなしも防ぐことができ、節約にもつながるでしょう。

3-3.正しい使い方を心がける

電気毛布を正しく使うことも、電磁波対策のポイントです。電気毛布には、電気敷き毛布と電気掛け毛布の2種類があります。電気敷き毛布をかけて寝るのは問題ないですが、電気掛け布団をシーツの下に敷いてしまうと、ヒーターを傷める原因になるので注意してください。電気敷き毛布と電気掛け毛布の具体的な使い方に関しては、取扱説明書を読むとよいでしょう。

さまざまな電磁波対策グッズが販売されています。電気毛布に使えるものとしては、電磁波シールド材・生地、電磁波シールドウェアなどです。電磁波シールド生地を、電気毛布との間にはさんで使えば電磁波による影響を抑えることができるでしょう。また、電磁波カット効果のあるシールドウェアを身につけて就寝するのもOKです。電磁波対策グッズを多数取りそろえている「エコロガジャパン」では、電磁波測定器、電磁波シールド生地・シールドウェア(長袖シャツ・パンツ・パーカーなど)などを販売しています。ぜひチェックしてみてください。

4.電気毛布と電磁波に関してよくある質問

電気毛布と電磁波に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.電磁波を長時間浴び続けるとどうなるのか?
A.電磁波の悪影響を受けやすい状態は、「電磁波が強い製品の近くに長時間い続けること」と考えられています。そのため、電磁波が強い製品と、電磁波を長時間浴び続ける製品には注意しておかなければなりません。長時間浴び続けるほど、人体の中に電磁波が蓄積されていきます。その結果、刺激作用・熱作用を感じやすくなるといわれているのです。できれば、電磁波が強い製品の長時間使用は避けることをおすすめします。

Q.電磁波の安全基準とは?
A.日本では、「電波防護指針」として電磁波の基準値を定めています。電波防護指針は、ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)が定める国際的なガイドラインと同じです。国際的なガイドラインは、がん・非熱効果も含め専門家による評価を受けた文献・研究結果で定められています。欧州をはじめ広くの国に利用されており、WHOも国際的なガイドラインを採用するように推奨しているのです。

Q.電気敷き毛布の正しい使い方が知りたい
A.基本的に、就寝前、布団の方向に合わせて敷きます。そして、就寝前に電源を入れて布団を温め、睡眠中は電源を切るか、温度を下げておかなければなりません。適温は、体温よりも若干低い程度が最適でしょう。中には、高い温度を保ったまま使用している方がいますが、逆に体温が低下せず、安眠の妨げとなる可能性があります。また、間違った使い方をすると、脱水症状に陥る可能性もあるので要注意です。

Q.電磁波ストレスを最も受けやすい場所とは?
A.電子レンジや冷蔵庫など家電が多いキッチンよりも、寝室のほうが電磁波ストレスの影響が強いといわれています。なぜなら、眠っている状態のほうが、人体にとって電磁波のストレス影響が強いからです。電気毛布は就寝時に数時間使用する人がほとんどでしょう。最も影響を受けやすい寝室だからこそ、電気毛布を正しく使わなければなりません。

Q.実際に、どのくらいの電磁波が出ているのか確かめたい
A.電磁波測定器の利用をおすすめします。本格的に測定できるものから、家庭で簡単に測定可能な簡易タイプまで多種多様です。安いものだと、数千円~1万円で購入できるでしょう。「試しに使ってみたい」という方は、レンタルサービスを行っているところもあるので利用するとよいですよ。実際に、どのくらいの電磁波が出ているのか数値で確認すれば、対策の必要性も出てくるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 電磁波の人体への影響は、いまだ不明確なところもありますが、刺激作用・熱作用などの影響が考えられます。特に、強い電磁波を発する製品、長時間電磁波を浴び続ける製品などはきちんと正しい方法で使わなければなりません。間違った使い方をすると、電磁波の影響を受けやすくなる可能性があります。電気毛布は電化製品の中でも電磁波が強めなので、長時間の使用は控えたほうがよいでしょう。電磁波対策のポイントを踏まえた上で、正しく使ってくださいね。

また、ご不明な点などがある場合は、エコロガジャパンに問い合わせてみてください。


“2分でわかる電磁波チェック”

◎会社概要
エコロガジャパン株式会社
〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-9 スピカ 202
TEL:03-3467-0178 (9:30~17:30 土日・祝日を除く)
FAX:03-3467-0189

◎お支払い方法について
ご利用いただける決済方法は以下のとおりです。
「銀行振込」
「代金引換」
「郵便振替:ゆうちょ銀行振込」

「クレジット決済」
MASTER・VISA・JCB・American Expressの4ブランドに対応しています。

クレジットカード

【注意】一度、クレジットカードで決済完了後のキャンセルは、お受けできません。くれぐれもご注意お願いします。

◎配送について
宅配便にて配送します。配送業者:ヤマト運輸株式会社
(お受取先にコンビニやヤマト営業所をご指定いただけません)

◎送料・手数料について
※送料及び送料手数料は、銀行振り込み先払い、及びゆうちょ銀行先払いのほうが代引き/クレジットカード支払いより割安です。


●代引きの場合またはクレジット カードでのお支払いの場合(税込)
10,799円までの発注ごとに、1,620円 (送料1,188円+手数料432円)
10,800円~32,399円の発注ごとに、1,944円 (送料1,404円+手数料540円)
32,400円~107,999円の発注ごとに、2,268円(送料1,512円+手数料756円)
108,000円~300,000円までの発注ごとに、2,808円(送料1,620円+手数料1,188円)
※消費税込みの合計金額が30万円以上の場合は、代引きでのお支払いはお受けできません。選択できる別のお支払い方法をご利用ください。
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:216円~432円上乗せされます。ご注意ください。

●銀行振り込み先払いの場合(税込)
32,399円までの発注ごとに 1,296円
32,400円から107,999円までの発注ごとに 864円
108,000円からの発注は、無料
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:0~216円上乗せされます。ご注意ください。

●郵便振替:ゆうちょ銀行先払いの場合(税込)
32,399円までの発注ごとに 1,296円
32,400円から107,999円までの発注ごとに 864円
108,000円からの発注は、無料
【注意】北海道、九州、沖縄及びその他離島エリアの送料に関しては、ご注文金額に応じて、上送料金額に追加料金:0~216円上乗せされます。ご注意ください。

この中には送料及び手数料か含まれています。お届けの地域は、日本国内のみとさせていただきます。
お支払いは、代金引換(代引き)、クレジットカード払い、銀行振り込み前払い、または郵便振替前払いにてお願いいたします。ただし、消費税込みの合計金額が30万円以上の場合は、代引きでのお支払いを承ることができませんので、選択できる別のお支払い方法をご利用ください。。

※在庫切れの場合は、お電話もしくはメールにてご連絡いたします。

◎返品について
返品は、不良品を除き不可とさせていただきます。
電磁波測定器、電磁波シールドウェア/裁断を必要とするシールド生地、携帯電話用ヘッドセット及び弊社販売全ての商品は、いかなる事情(不良品を除く)の場合でも返品はお受けできません。ご注意お願い申し上げます。
受取時に破損があった場合、開封後直ちに(または商品到着日から10日以内に)ごお電話・メールにてご連絡を受けております。代替品の発送など、ご相談させていただきます。万が一、同一代替品不可の場合は返金いたします。
破損、不良品などの返品際の送料は、弊社が負担いたします。
【注意】商品到着日から10日を経過した場合は、破損や不良品などその他の理由による返品はお受けできません。ご注意お願いします

【保証に関して】
保証期間内において不具合などが発生した場合、通常使用においてのみ(消耗品除く、通常使用以外の場合除く)無料にて修理をいたします。修理不可の場合のみ、同一代替品にて対応いたします。代替品不可の場合のみ、返金いたします。

◎プライバシーについて
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

 
電磁波測定器 電磁波シールド材・シールド生地 電磁波シールドカーテン・テント・寝袋・シーツ 電磁波シールドウェア
アーシング、知っていますか?